2017年10月07日

2017泉ヶ岳 悠・遊フェスティバル

年頃の長男、お出掛けにはついて来なッシングトゥー・マッチ、
オーマイゴットファザー降臨! よいしょ〜!
最近お気にのフースーヤのギャグを口ずさみながら、
ゆるいフェス会場へ着いたのはam11:30。
その日初めて知った「ナナッキー」がお出迎えしてくれた。

DSCF2430.JPG



会場はすでに沢山の人で賑わっている。7割程度はご年配の方だ。
高齢化社会の片鱗を感じながら、芋煮で軽く腹ごしらえすると、
目当てのイベント会場(山の方)へと向かう。

DSCF2161.JPG




 パラグライダーによるお菓子ばらまきタイム!!
ぞくぞくとパラグライダー(高齢者)が降臨してくる。
3割に満たない子どもたちめがけてお菓子の雨を降らせると、
満足そうな笑みを浮かべてパラシュートを畳んでいた。

DSCF2394.JPG

DSCF2396.JPG



 拾ったお菓子を頬張りながら次に向かった先は、4輪バギー。
おねぇさん風おじさん(写真の赤ずきんの人)に講習へと案内される。
数分程度の講習を終えると、子供を乗せてコースへ出た。
緩やかな斜面、木々の隙間など安心安全のエクストリームコースを
爽快に飛ばすと、「パパゆっくり行って〜」・・・。
4周ほど時間にすると約20分楽しんだが、まるで腕が棒のようだ。
(へんじがないただのしかばねのようだ)想定の範囲外に疲れた。

DSCF2262.JPG

DSCF2263.JPG

20171005133502.jpg

20171005133518.jpg

20171005133538.jpg



 その後も、まったりとした空間やブースを楽しみながら
秋の日差しではない太陽の光を存分に浴びたので、木陰で一休み。
最後の豪華景品大抽選会も安定のハズレで来年のリベンジを誓う。

DSCF2439.JPG

DSCF2450.JPG




「来年もまた来ようねっ♡」かわいらしいセリフを横に、
安室奈美恵が引退宣言するのも知らず、SWEET 19 BLUESの
口笛を吹きながら帰路に就く。


201710051525.jpg



「小さい子供が喜びそうな体験が目白押しのフェス(フェフ姉)。
皆に体験してもらいたいフェフの一つだということは間違いない。」
                           星


posted by 真栄工芸スタッフ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記